準備中
 
 
新型コロナウイルス関連肺炎について
更新:2020.02.03
令和元年12月以降、中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスに関連する肺炎患者が確認され、日本国内においても発症が確認されました。2月1日に施行される「指定感染症」と検疫法に基づく「検疫感染症」は患者の強制入院や就業制限、日本への入国者の検査指示などができるようになります。

新型コロナウイルス関連肺炎を疑う場合の日本国の定義(2020年1月27日現在)

発熱37.5度以上かつ咳などの呼吸器症状があり
発症から2週間以内に
(ア)武漢市を訪問した。
    または
(イ)「武漢市への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状を有する人」と接触した。

上記以外でも感染症の疑いがある場合は、事前に医療機関へ連絡をしてから受診してください。


神奈川県新型コロナウイルス肺炎 専用ダイヤル 045-285-0536
横浜市中区福祉保健センター福祉保健課 045-224-8332
新型コロナウイルスに関連した肺炎患者の発生にかかる専用ダイヤ
「外国籍県民かながわ会議」公募委員の募集について
更新:2020.02.03
神奈川県では、外国籍県民の方々の県政参加を推進するために、1998年11月に外国籍県民かながわ会議を設置しております。
この会議は外国籍県民の方々が委員となり、外国籍県民にかかわる問題や外国籍県民の視点を生かした地域づくりなどについて協議を行い、その成果を知事に対し提言します。
このたび、この会議の第11期の委員を募集しております。詳しく下記のURLをご参照ください。

注:3月9日(月)応募締切
外国籍県民かながわ会議第11期委員の募集
Copyright (C) Yokohama Overseas Chinese Association All right reseved